兵庫県加古川市、明石市、高砂市、稲美町、播磨町の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)加古川中央ステーション

加古川中央ステーション
お問い合わせ
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日、祝日【電話番号】0120-345-515

風邪の治療法

2020年09月07日

こんにちは!
KEiROW加古川中古ステーション
鍼灸師の井上です!

九月になり少しずつ秋の気配がしてきました。
朝晩もだんだんと涼しくなってきます。
このような時期に、まだ暑いと考えて窓を開けて寝てしまい、明け方寒い思いをすることがあります。
そして風邪をひいてしまう人がよくいるのです。


ですので今回は自分で出来る風邪の治療法についてお話します。



だいたい風邪のひきはじめというのは喉の違和感や頭が重い、首肩が痛いという症状からはじまります。
咳が出たり発熱するというのはもう少し病状の進んだ状態です。
なるべく病状が進む前の、違和感を感じた時点で対策するのが重要になります。


①食べる量を減らす
よく風邪をひいたらたくさん食べて治すという人がいますが、あれは間違いです。
食べ物を消化・吸収するというのは体にとって多くのエネルギーを必要とします。
食べる量を減らしたりや食事を抜くことで、余ったエネルギーが風邪の治癒にまわせます。

②汗をかく
これは大事なことで、一番良いのは早めに床に着き、厚目の布団を首までかぶり水分を補給しつつ、しっかり発汗して寝ることです。
入浴もいいのですが、直後にドライヤーなどして湯冷めしないようにしなくてはいけません。
サウナは発汗しますが疲労してしまうのでやめましょう。

③葛根湯を服用する
私が風邪をひいて自力で治すなら①②に加えて葛根湯をのみます。葛根湯は薬局で買えますし、場合によってはかかりつけの内科などでも処方してもらえます。
もし薬局で買うなら「満量処方」と表示してるものが良いでしょう。
葛根湯には麻黄という発汗剤が入っており、頭・首・肩・背部に作用します。

以上の事を二日から三日行えば風邪はおおよそ体から抜けていくと思います。


あとは無理をしなければ次第に治癒していくことでしょう。